アンテナ設置後の電波環境の不具合に対するサポート

アンテナに不具合!サポートは?

設置してしばらくは電波が改善されていたけれど、また電波が受信しにくくなってしまった場合には、機器の不具合が考えられます。
大抵は設置以降に大きく動かさないため、自己責任とはなりにくいです。

設置後のアンテナの不具合については、一度自身の携帯またはアンテナの電源を落としてみたり、ケーブルが接続されているかを確認するなどの措置を取ってみてください。
それでも改善されない場合は設置を依頼した業者に再度連絡します。
修理や交換については、故意による破損などでない限り無料である場合が多いです。
ゆえに、基本的にトラブルが発生した場合は設置を依頼した業者にコンタクトを取り、直接の原因を検証してもらう方法がベターです。

破損について

アンテナの不具合はなかったけれど、アンテナを所定の位置から落としてしまうなど破損してしまった場合はどうでしょう。
ついうっかり、は故意による破損であると判断され、高額な修理代金を請求されてしまいます。
また機械であるため、水分やホコリ等によって破損してしまう場合も十分にあり得ます。

落下による破損は訪問し設置してもらう場合には業者にアンテナの固定などの措置を取ってもらう、またはその設置場所について考えてもらうことで防止できます。
また、水場の近くや飲み物などをアンテナ付近に置かないなどちょっとした注意でそうしたトラブルを避けましょう。

折角安価で利用できるアンテナですし、アンテナ自体も貸出品でありますから、大切に利用し快適なネット環境を整えましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る