自宅の電波環境が悪い場合の改善策を知りたい!

自宅の電波環境を確認する方法は?

何となく電波の入りが悪く、自宅のどこに移動してもアンテナが立たないときは、一度自宅の電波環境を確認することを推奨します。
しかし、自分では確認は難しいため、アンテナを設置してくれる業者を探し、電波環境を確認してもらいましょう。

電波が入りにくい原因は、都心部など住宅が密集している地域ではそうした建物群であることが多いです。
そういう場合にはアンテナの設置により電波環境を改善することは勿論できますが、自宅に大きな家具が多く、すなわち電波を妨げるモノが多い場合にも電波が入りにくいと考えられます。
アンテナ設置業者は、専用の機械により自宅の電波環境を確認することができるため、電波が入りにくい原因も分かります。
電波環境の確認自体にお金が掛かるケースはほとんどないため、アンテナの設置を検討、またそうでなくても自宅の電波が入りにくい場合は是非一度頼まれてみてはいかがでしょうか。

アンテナの種類はどうやって選ぶの?

アンテナの設置と言っても、どのような種類があるかは設置前にはわからないかと思われます。
本項では屋内に設置するアンテナに限定し説明します。

一つは自宅に小型の基地局を設置するものです。
これは、屋外の基地局からの電波を受信しにくい場合に設置する場合が多く、住宅が密集した地域や建物の奥ばった場所などにオススメです。
住宅内の限定したエリアに設置するため、そのエリア内で電波が占有できる点が特徴です。
電波改善の原理としては、自宅のブロードバンド回線にLANケーブルを接続するといったものです。
携帯側での設定は不要です。

二つ目は受信した電波を増幅させて自宅に届かせるものです。
設置する箇所は窓側等の屋外の電波を受信しやすい限られた箇所になります。
それゆえに、屋内でも設置した箇所から離れてしまうと電波が受信しにくい場合があります。

どちらを設置するかは、電波環境を把握している業者による判断に委ねた方が得策です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る